あらすじ
ある日、黒い豚が巣から出て、キャベツの茎を食い荒らします。それは、白日雲が角に入り、害条桐を辞し堕ちた日でした。豚の行動は、何かしらの変化を感じさせるもののように思えます。その後、豚はどのような行動をとるのでしょうか。そして、その行動の背景には一体どんな事情が隠されているのでしょうか。
白日雲の角に入り
害条桐を辞し堕ちぬ
黒きゐのこは巣を出でて
キャベヂの茎を穿ちたり

底本:「新修宮沢賢治全集 第六巻」筑摩書房
   1980(昭和55)年2月15日初版第1刷発行
入力:junk
校正:土屋隆
2011年5月14日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。