あらすじ
校庭の白い木柵に寄りかかり、人々は庭を眺めています。ペンキが剥げ落ちた木柵には、桐の木の幹が彫られています。秋のガラス窓から差し込む光が、白亜の校舎を美しく照らし、一斉に鳴り響くラッパの音色が、静かな校庭に響き渡ります。
さ霧する白き木柵
幹彫れる桐のいくもと

剥げそめし白きペンキの
木柵に人人は倚り
そのペンキあるいは剥げ
あるものは庭をのぞめり

一鐘のラッパが鳴りて
急ぎ行く港先生
白堊城秋のガラスは
ひらごとにうつろなりけり

底本:「新修宮沢賢治全集 第六巻」筑摩書房
   1980(昭和55)年2月15日初版第1刷発行
入力:junk
校正:土屋隆
2011年5月14日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。