あらすじ
ある冬の日のこと、雪解け水が流れ込む和賀川と、夏油川が二川で出会う場所で、二つの川の様子が対比的に描かれます。藍色の空と雪景色の中、夏油川は岩を削りながら白い波を立てて流れ込み、力強い生命感を放っています。
(二川こゝにて会したり)
(いな、和賀の川水みづ雪代ふ
夏油ゲタウのそれの十なれば
その川ここに入ると云へ)

藍と雪とのうすけぶり
つらなる尾根のかなたより
夏油ゲタウの川は巌截りて
ましろき波をながしきぬ

底本:「新修宮沢賢治全集 第六巻」筑摩書房
   1980(昭和55)年2月15日初版第1刷発行
※〔〕付きの表題は、底本編集時におぎなわれたものです。
入力:junk
校正:土屋隆
2011年5月14日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。