あらすじ
灰色の館には、百人もの人々が集まっています。館内はひっそりと静まりかえり、桜の咲く春の景色とは対照的な、冷たい空気が漂っています。大居士は体調が悪く、智応氏も苦しんでいます。館の外では、笛の音が聞こえ、春の息吹が感じられます。しかし、館内の人々は、それぞれに悩みを抱え、静かに時を過ごしています。
外の面には春日うららに
ありとあるひびきなせるを
灰いろのこの館には
百の人けはひだになし

台の上桜はなさき
行楽の士女さゞめかん
この館はひえびえとして
泉石をうち繞りたり

大居士は眼をいたみ
はや三月の人の見るなく
智応氏はのどをいたづき
巾巻きて廊に按ぜり

崖下にまた笛鳴りて
東へととゞろき行くは
北国の春の光を
百里経て汽車の着きけん

底本:「新修宮沢賢治全集 第六巻」筑摩書房
   1980(昭和55)年2月15日初版第1刷発行
入力:junk
校正:土屋隆
2011年5月14日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。