あらすじ
夕暮れ時、青みがかった夕陽が山裾に沈み、広野には夏の雲が広がっています。遠くの町は地平線に消え、その姿は明るく笑っているように見えます。二人きりなら幸せだと感じる一方で、世界は暗く、誰かと一緒にいればこそ幸せだと願う気持ちも。真実の願いを叶えるために、立ち上がり、恋を語り、本を読み、リンゴを食べ、共に働き、汗を流す。それが真実の幸せなのかもしれません。
夕陽は青めりかの山裾に
ひろ野はくらめりま夏の雲に
かの町はるかの地平に消えて
おもかげほがらにわらひは遠し

ふたりぞたゞのみさちありなんと
おもへば世界はあまりに暗く
かのひとまことにさちありなんと
まさしくねがへばこころはあかし

いざ起てまことのをのこの恋に
もの云ひもの読み苹果を喰める
ひとびとまことのさちならざれば
まことのねがひは充ちしにあらぬ

夕陽は青みて木立はひかり
をちこちながるゝ草取うたや
いましものびたつ稲田の氈に
ひとびと汗してなほはたらけり

底本:「新修宮沢賢治全集 第六巻」筑摩書房
   1980(昭和55)年2月15日初版第1刷発行
※〔〕付きの表題は、底本編集時におぎなわれたものです。
入力:junk
校正:土屋隆
2011年5月14日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。