『正岡容』の作品一覧

正岡 容(まさおか いるる、1904年12月20日 - 1958年12月7日)は、作家、落語・寄席研究家。歌舞伎役者の尾上菊五郎 (6代目) 6代目尾上菊五郎の座付作者ともいわれた。作家としては、永井荷風、岡本綺堂、吉井勇等の影響を受けている。前名は平井蓉。
門下に小沢昭一、大西信行、永井啓夫、桂米朝 (3代目) 3代目桂米朝、都筑道夫、加藤武、小島貞二らがいる。尚三遊亭圓歌#3代目 3代目三遊亭圓歌は弟子ではないが死後、記念碑を建てる際資金の寄付を行なったので記念碑には弟子等と共に圓歌の名が刻まれている。圓歌自身も容の弟子だと公言している。
26歳で夭折した詩人・平井功は実弟。翻訳家の平井イサクはその息子で、正岡にとっては甥にあたる。
東京市神田区(現在の東京都千代田区神田 (千代田区) 神田)生まれ。京華高等学校 京華中学校在学中、短歌を吉井勇、戯曲を久保田万太郎、川柳を阪井久良伎(くらき)に学び、それぞれの弟子と称する。1922年、歌集『新堀端』、小説紀行集『東海道宿場しぐれ』を刊行。1923年、日本大学入学。同年、19歳で発表した小説『江戸再来記』が芥川龍之介に絶賛されたのを機に、文筆活動に入り、大学は中退。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
随筆 寄席囃子寄席囃子 正岡容寄席随筆集2007(平成19)年9月20日
小説 円朝小説 圓朝2005(平成17)年7月20日
艶色落語講談鑑賞寄席囃子 正岡容寄席随筆集2007(平成19)年9月20日
円太郎馬車圓太郎馬車 正岡容寄席小説集2007(平成19)年8月20日
円朝花火圓太郎馬車 正岡容寄席小説集2007(平成19)年8月20日
下町歳事記東京恋慕帖2004(平成16)年10月10日
随筆 寄席風俗寄席囃子 正岡容寄席随筆集2007(平成19)年9月20日
初看板圓太郎馬車 正岡容寄席小説集2007(平成19)年8月20日
寄席行灯寄席囃子 正岡容寄席随筆集2007(平成19)年9月20日
我が円朝研究(「怪談牡丹灯籠」「江島屋騒動」「怪談乳房榎」「文七元結」「真景累ヶ淵」について)小説 圓朝2005(平成17)年7月20日
わが寄席青春録寄席囃子 正岡容寄席随筆集2007(平成19)年9月20日
小説 円朝 あとがき小説 圓朝2005(平成17)年7月20日
初代桂春団治研究日本の名随筆22 笑1984(昭和59)年8月25日
吉原百人斬り日本の名随筆 別巻15 色街1992(平成4)年5月25日