『杉田久女』の作品一覧

杉田久女(すぎた ひさじょ、1890年(明治23年)5月30日 - 1946年(昭和21年)1月21日)は、鹿児島県出身の俳人。本名は杉田 久(すぎた ひさ)。高浜虚子に師事。長谷川かな女、竹下しづの女などとともに、近代俳句における最初期の女性俳人であり、男性に劣らぬ格調の高さと華やかさのある句で知られた。家庭内の不和、師である虚子との確執など、その悲劇的な人生はたびたび小説の素材になった。 生涯 大蔵省書記官・赤堀廉蔵と妻・さよの三女として鹿児島県鹿児島市で生まれる。父の転勤に伴い、12歳になるまで沖縄県那覇市、台湾嘉義県、ついで台北市と移住して過ごす。1908年(明治41年)、東京女子高等師範学校附属高等女学校(現・お茶の水女子大学附属中学校・お茶の水女子大学附属高等学校)を卒業。1909年(明治42年)、旧制小倉中学(現・福岡県立小倉高等学校)の美術教師で画家の杉田宇内と結婚し、夫の任地である福岡県小倉市(現・北九州市)に移る。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
瓢作り花の名随筆8 八月の花1999(平成11)年7月10日 
朱欒の花のさく頃杉田久女随筆集2003(平成15)年6月10日
大正女流俳句の近代的特色杉田久女随筆集2003(平成15)年6月10日
英彦山に登る杉田久女随筆集2003(平成15)年6月10日
桜花を詠める句(古今女流俳句の比較)杉田久女随筆集2003(平成15)年6月10日
女流俳句を味読す杉田久女随筆集2003(平成15)年6月10日
梟啼く杉田久女随筆集2003(平成15)年6月10日
万葉の手古奈とうなひ処女杉田久女全集第二巻1989(平成元)年8月1日