『葛西善蔵』の作品一覧

葛西 善蔵(かさい ぜんぞう、1887年(明治20年)1月16日 - 1928年(昭和3年)7月23日)は、日本の小説家である。青森県中津軽郡弘前松森町(現・弘前市)で当時米の仲買業をしていた父・卯一郎、母・ひさの長男として生まれた。姉二人(長女・いそ、次女・ちよ)と祖母・かよがいた。 1889年(明治22年)、一家は北海道に移住、弟・勇蔵が生まれる。1891年(明治24年)、一家は青森県に移住する。1893年(明治26年)、青森県五所川原小学校に入学するが、一家の転居にともない碇ヶ関小学校に転校する。1902年(明治35年)、母・ひさが死去する。上京し新聞売りのかたわら夜学に通う。1903年(明治36年)、北海道にわたり鉄道の車掌や営林署で働く。 文学を志して上京し、東洋大学や早稲田大学の聴講生となるなかで、舟木重雄や広津和郎たちと知り合い、同人雑誌『奇蹟』のメンバーとして迎えられる。1912年、『奇蹟』創刊号に「哀しき父」を発表して、作家としての力量を発揮した。 その後は、しばらく故郷と東京を往復しながら作品を書くも、生活は困難をきわめた。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
哀しき父現代日本文學大系 49 葛西善藏 嘉村礒多 相馬泰三 川崎長太郎 宮路嘉六 木山捷平 集1973(昭和48)年2月5日
椎の若葉現代日本文學大系 49 葛西善藏 嘉村礒多 相馬泰三 川崎長太郎 宮路嘉六 木山捷平 集1973(昭和48)年2月5日
浮浪ふるさと文学館 第九巻【茨城】1995(平成7)3月15日
子をつれて哀しき父・椎の若葉1994(平成6)年12月10日
遁走日本文学全集31 葛西善蔵 嘉村礒多集1969(昭和44)年7月12日
贋物日本文学全集31 葛西善蔵 嘉村礒多集1969(昭和44)年7月12日
おせい子をつれて 他八篇1952(昭和27)年10月5日
血を吐く子をつれて 他八篇1952(昭和27)年10月5日
奇病患者子をつれて 他八篇1952(昭和27)年10月5日
蠢く者子をつれて1952(昭和27)年10月5日
哀しき父子をつれて1952(昭和27)年10月5日
湖畔手記子をつれて1952(昭和27)年10月5日
子をつれて子をつれて1952(昭和27)年10月5日
椎の若葉子をつれて1952(昭和27)年10月5日
不良児子をつれて1952(昭和27)年10月5日
死児を産む日本文学全集31 葛西善蔵・嘉村礒多集1969(昭和44)年7月12日
父の出郷日本文学全集31 葛西善蔵・嘉村礒多集1969(昭和44)年7月12日
父の葬式日本文学全集31 葛西善蔵・嘉村礒多集1969(昭和44)年7月12日
遊動円木日本文学全集31 葛西善蔵・嘉村礒多集1969(昭和44)年7月12日