あらすじ
小さなサーカス団が村々を巡業しています。団員はわずか十数名、年老いた馬二頭、そして人気者のクマのクロ。ある日、クロが病気で舞台に出られなくなってしまいます。困り果てた団長は、いつもクロの世話を焼いていた正坊を呼びにいきます。正坊は病気のクロを励ますため、いつも一緒に舞台に立つ際に歌っていた歌を歌います。すると、クロは元気を取り戻し、再び正坊と舞台に立つのでした。しかし、その後、団員たちは次々とサーカスを去り、団長は正坊とクロを連れて、新たな道を歩むことになります。
 村むらを興行こうぎょうして歩くサーカス団がありました。十人そこそこの軽業師かるわざしと、年をとった黒くまと馬二とうだけの小さな団です。馬は舞台に出るほかに、つぎの土地へうつっていくとき、赤いラシャの毛布などをきて、荷車をひくやくめをもしていました。
 ある村へつきました。座員たちは、みんなで手わけして、たばこ屋の板かべや、お湯屋のかべに、赤や黄色ですった、きれいなビラをはって歩きました。村のおとなも子どもも、つよいインキのにおいのするそのビラをとりまいて、おまつりのようによろこびさわぎました。
 テントばりの小屋がかかってから、三日めのお昼すぎのことでした。見物席から、わあっという歓声といっしょに、ぱちぱちと拍手の音がひびいてきました。すると、ダンスをおわったお千代ちよさんが、うすももいろのスカートをひらひらさせて、舞台うらへひきさがってきました。つぎは、くまのクロが出る番になっていました。くまつかいの五郎が、ようかん色になったビロードの上着うわぎをつけ、長ぐつをはいて、シュッシュッとむちをならしながら、おりのそばへいきました。
「さあ、クロ公、出番でばんだ。しっかりたのむよ」
と、わらいながらとびらをあけましたが、どうしたのか、クロはいつものように立ちあがってくるようすが見えません。おやと思って、五郎がこごんでみますと、クロはからだじゅうあせだくになって、目をつむり、歯をくいしばって、ふといいきをついているのです。
「たいへんだ、団長さん。クロがはらいたをおこしたらしいです」
 団長もほかの座員も、ドカドカとあつまってきました。五郎は団長とふたりがかりで、竹の皮でくるんだ、黒い丸薬をのませようとしましたが、クロはくいしばった口からフウフウあわをふきふき、首をふりうごかして、どうしても口をひらきません。しばらくして、ピリピリッとおなかのあたりが波をうったと思いますと、クロは四つんばいになって、おりの中をこまのようにくるいまわりました。それから、わらのとこにドタリとたおれて、ふうッと大きくいきをふいて、目をショボショボさせています。
 見物席のほうからは、つぎの出しものをさいそくする拍手の音が、パチパチひびいてきます。そこでとうとう、道化役どうけやく佐吉さきちさんが、クロにかわって、舞台に出ることにしました。そのとき、だれかが、
正坊しょうぼうがいたら、薬をのむがなあ」
と、ためいきをつくようにいいました。団長は、
「そうだ。お千代ちよ、正坊をつれてこい」
と、ふといだみ声でめいじました。お千代は馬を一とうひきだして、ダンスすがたのまま、ひらりとまたがると、白いたんぼ道を、となり村へむかってかけていきました。

 正坊しょうぼう初日しょにちのはしごのりで、足をひねってすじをつらせ、となり村の病院にはいっているのです。
 正坊の病室のまどぎわには、あおぎりが葉っぱをひろげて、へやの中へ青いかげをなげいれていました。正坊は白いねまきのまま、ベッドの上にすわってあおぎりのみきは、ぞうの足みたいだなあと思いながら、ガラスのむこうをながめていました。すると、門のほうで、ひづめの音がしました。やがてだれかが、ろうかをつたわって、こちらへやってくるようです。ドアのむこうにお千代ちよさんの顔を見つけだすと、正坊はとびあがってよろこびました。
「ねえさん、ぼく、もうなおったよ。さっきもここで、とんぼがえりをうってみたの」
 お千代さんは、いつも正坊を、ほんとうの弟のようにかわいがっているのでした。
「へえ、早くなおってよかったわね。あのね、しょうちゃん、たいへんなのよ。クロがはらいたをおこしちゃって、お薬をのませようとしても、のまないの。みんなこまっているの。だから正ちゃんをよびにきたのよ」
「クロが? ではぼく、かえる。もう、すっかりいいんだもの」
 ふたりは院長さんにおゆるしをいただいて、いっしょに馬にのって、かえっていきました。かんごふさんは、門の外へまで出て、見おくってくれました。

「クロ、ぼくだよ。クロ」
 正坊しょうぼうは手のひらに丸薬をのせて、右手でかるく、クロの鼻のうえをなでさすりました。クロはさっきよりは、いくらかおちついていましたが、でも目のいろは、まだとろりとうるんで、生気せいきがありません。ふうふういきをするたびに、鼻さきのわらくずが動きます。
 正坊はふと思いついて、「ゆうかんなる水兵」の曲をウウウ、ウ、ウと、うたいだしました。
 それは、いつも、正坊とクロが舞台に出ていくときの、たのしい曲なのです。クロは正坊のうた声をきいて、しばらく耳をぴくぴくさせていましたが、やがてヒョコリと立ちあがりました。正坊がすかさず、手のひらの丸薬を口の中へおしこむと、クロはぞうさなく、ペロリとのみこみました。
 こんなことがあってから、正坊とクロは、まえよりもまたいっそう、はなれられないなかよしになり、見物人からも、団の人気者にされました。
 これも、やはり、ある村で興行こうぎょうしていたときでした。いつも正坊やクロといっしょに出て、喜劇をする道化役どうけやく佐吉さきちさんが、一座からぬけて、にげ出してしまったので、そのかわりを、ふとった団長がつとめることになりました。
「クロ、出る番だよ」
 正坊はクロをおりの中から出すと、れいによって鼻のうえをなでさすりながら、クロの大すきなビスケットを、口の中へいれてやりました。
 舞台ではとめじいさんが「ゆうかんなる水兵」のラッパを、ならしはじめました。
ラロララ、ラララ、
ラロ、ラロ、ラ、
ラロララ、ラロラ、
ラロ、ラロラ、
ラロ、ラロ、ラロラ、
ラロ、ラロ、ラ。
 正坊は、白い鳥のはねのついたぼうしをかぶり、金ピカのおもちゃのけんをこしにつるして、将軍になりすまして、クロのせなかにのっかりました。クロはラッパの音に歩調をあわせて、元気よく舞台へ出ていきました。
「あらわれましたのは、ソコヌケ将軍に、愛馬クロにござーい」
 留じいさんが口上こうじょうをのべますと、正坊はクロのせなかから、コロリところげ落ちてみせました。見物人はどっとわらって、手をたたきました。
「将軍はただいまから、盗賊とうぞくたいじに出発のところでござーい」
 クロが、ああんと赤い口をあけました。将軍の正坊は、クロのせなかにまたがったまま、ポケットからビスケットをつかみ出して、口の中へいれてやりました。クロは正坊の手首までくわえてしまいました。正坊は目をパチクリさせて、またクロのせなかから、落っこちてみせて、見物人をよろこばせました。
 やがて賊にふんした団長が、銀紙ぎんがみをはったキラキラした大太刀おおだちをひっつかんで出てきました。正坊のソコヌケ将軍は、それを見ると、おどろいて、ブルブルふるえながら、けんをほうり出して、クロの首っ玉にしがみつきました。見物の子どもたちが、またどっと声をあげてわらいました。
「こらっ」
 団長はつけひげをつけた、ひげだらけの顔に、するどくとがった目をむいて、身がまえをしました。クロはちらっと、団長のそのおそろしい顔を見ました。それは団長が、いつも正坊をおこりつけるときの顔でした。そこでクロはてっきり、団長がいつものように、ほんとにおこって、正坊を竹の刀でなぐりつけるのだと思いました。
「こらっ」
 団長はまた、刀をふりかぶりました。と、クロは、ウオウッとひと声ほえるといっしょに、正坊のからだをかるがるとくわえて、あっといううちに、見物人の中をかけぬけて、テントの外へとび出してしまいました。これには見物人も団長も、とめじいさんもあっけにとられてしまいました。正坊もびっくりしてしまいました。
 やがて、テントの外の原っぱにおろされると、正坊は、クロの頭やせなかをやさしくなでまわして、なだめすかしました。そしてやっと、舞台へつれてかえると、まず見物席にむかっておわびをいい、賊のすがたの団長にあやまりました。見物人はかえって、やんやとはしゃぎさわいでよろこびました。団長は舞台のうしろで、にがわらいをしていました。

 小さなサーカスは、村むらをねっしんにうってまわりましたが、みいりはほんの、みんなが、かつかつたべていけるだけの、わずかなものでした。
 そのうちに、一とうの馬が病気で死んでしまいました。「おしいことをしたなあ」と、団長をはじめ、とめじいさんもお千代ちよさんも、正坊しょうぼうも五郎も、馬の死がいをとりまいてなげきました。
 それからひと月もたったある朝、目をさましてみると、団長とお千代さんと、正坊の三人きりをのこして、ほかの軽業師かるわざしは、みんな小屋をにげ出していました。これではいよいよ、興行こうぎょうすることができなくなりました。団長もしかたなく、わかれわかれになることに話をきめました。
 クロはおりにいれられたまま、車にゆられて、町の動物園に売られていきました。
 正坊とお千代さんは、のこった一とうの馬と、テントやテーブルやいすなぞを売りはらって、できたお金をもらいました。
「団長さんはなんにもなくなって、どうするの」
と、正坊がたずねますと、団長はさびしそうにわらって、
「なんにもなくって家を出たんだから、なんにもなくって家へかえるんだよ」
と、いいました。団長は、町の警察にたのんで、正坊とお千代さんを、メリヤス工場へすみこませてもらいました。

 クロは町の動物園にかわれるようになってからは、まい日、力のない目で、青い空のほうばかりを見あげていました。正坊やお千代さんはどうしているんだろうなあ、もういちどあって、あの「ゆうかんなる水兵」の曲がききたいなあと、そんなことを思いつづけてでもいるようなかっこうでした。
 おりの前には、まい日、いろんなきものをきたいろんな子どもたちが、立ちふさがりました。クロは、正坊やお千代さんが、もしかきているかもしれないと思って見まわしました。それは正坊だったら、赤と白のダンダラ服をきているから、すぐわかると思ったからでした。ゆめのように、ぼんやりそんなことを思いつづけているとき、すぐ鼻のさきで「クロ」とよぶ、ききなれた声がひびきました。クロはものうい目をあげて、声のするほうをのぞきました。
ウウウウ、ウウウ、
ウウウウウ、
ウウウウ、ウウウ、
ウウウウウ、
と、正坊は「ゆうかんなる水兵」の曲をうなりだしました。クロはきゅうにからだじゅうに、血がめぐりだしてきたように、いさましく立ちあがって、サーカスでしていたときのように、歩調をとっておりの中を歩きまわりました。それから、かなぼうの間から口を出して、なつかしそうに、正坊のほうをあおぎ見ました。ダンダラの服はきていませんでしたが、正坊にちがいないことがわかると、クロはウォーンウォーンと、のどをしぼるような、うれしなきのさけびをあげました。
 正坊はにこにこしながら、ふくろからビスケットをつかみ出して、クロの口の中へいれてやり、なんどもなんども鼻のうえをなでてやりました。
 正坊のうしろでは、お千代が、なみだぐんだ目をして見ていました。ふたりは、はじめての定休日に、クロを見にきたのでした。

底本:「牛をつないだ椿の木」角川文庫、角川書店
   1968(昭和43)年2月20日初版発行
   1974(昭和49)年1月30日12版発行
初出:「赤い鳥 復刊第二巻第二号」
   1931(昭和6)年8月号
入力:もりみつじゅんじ
校正:渥美浩子
1999年7月4日公開
2006年1月28日修正
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。