『北原白秋』の作品一覧

北原 白秋(きたはら はくしゅう、1885年(明治18年)1月25日 - 1942年(昭和17年)11月2日)は、日本の詩人、童謡作家、歌人。本名は北原 隆吉(きたはら りゅうきち)。詩、童謡、短歌以外にも、新民謡(「松島音頭」・「ちゃっきり節」等)の分野にも傑作を残している。生涯に数多くの詩歌を残し、今なお歌い継がれる童謡を数多く発表するなど、活躍した時代は「白露時代」と呼ばれる近代の日本を代表する詩人である。 弟はそれぞれ出版人となり、北原鉄雄は写真・文学系出版社アルスを、北原義雄は美術系のアトリエ社を創業し、従弟の北原正雄も写真系の玄光社を創業した。 文壇登場まで 1885年(明治18年)1月25日、熊本県玉名郡関外目村(現・南関町)に生まれ、まもなく福岡県山門郡沖端村(現・柳川市)にある家に帰る。父・長太郎、母・シケ。北原家は江戸時代以来栄えた商家(油屋また古問屋と号し、海産物問屋であった)で、当時は主に酒造を業としていた。1887年(明治20年)、弟・鉄雄が生まれる。またこの年、白秋に大きな影響を与えた乳母・シカがチフスで逝去する。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
まざあ・ぐうすまざあ・ぐうす1976(昭和51)年5月30日
新橋日本の名随筆 別巻95 明治1999(平成11)年1月25日
思ひ出(抒情小曲集)柳河版 思ひ出1967(昭和42)年6月1日
お月さまいくつ日本の名随筆58 月1987(昭和62)年8月25日
書斎と星日本の名随筆 別巻6 書斎1991(平成3)年8月25日
香ひの狩猟者日本の名随筆48 香1986(昭和61)年10月25日
白帝城現代日本紀行文学全集 中部日本編1976(昭和51)年8月1日
日本ライン現代日本紀行文学全集 中部日本編1976(昭和51)年8月1日
邪宗門白秋全集 11984(昭和59)年12月5日
水郷柳河現代日本紀行文学全集 南日本編1976(昭和51)年8月1日
神童の死日本の名随筆 別巻85 少年1998(平成10)年3月25日
孟宗と七面鳥花の名随筆1 一月の花1998(平成10)年11月30日
わが敬愛する人々に日本の名随筆 別巻55 恋心1995(平成7)年9月25日
東京景物詩及其他白秋全集 31985(昭和60)年5月7日
畑の祭白秋全集31985(昭和60)年5月7日
第二邪宗門白秋全集 11984(昭和59)年12月5日
桐の花とカステラ日本の名随筆 別巻30 短歌1993(平成5)年8月25日
蜜柑山散策花の名随筆11 十一月の花1999(平成11)年10月10日
春の暗示花の名随筆3 三月の花1999(平成11)年2月10日
海豹と雲白秋全集 51986(昭和61)年9月5日
新頌白秋全集 51986(昭和61)年9月5日
第二海豹と雲白秋全集 51986(昭和61)年9月5日
新頌白秋詩歌集 第二卷1941(昭和16)年2月19日
フレップ・トリップフレップ・トリップ2007(平成19)年11月16日
文庫版「芸術の円光」覚書白秋全集 181985(昭和60)年12月5日
竹林生活(――震災手記断片――)白秋全集 181985(昭和60)年12月5日