『服部之総』の作品一覧

服部 之総(はっとり しそう、1901年(明治34年)9月24日 - 1956年(昭和31年)3月4日)は、日本の歴史学者(マルクス主義歴史学・歴史哲学・現代史)。島根県浜田市金城町出身。 旧制浜田中学、第三高等学校、東京帝国大学文学部社会学科卒業。大学在学中に志賀義雄、大宅壮一らと東大新人会で活躍。東洋大学講師、中央労働学園大学教授、(中央労働学園大学と法政大学との合併により)法政大学社会学部教授などを歴任。 『日本資本主義発達史講座』では、明治維新研究について論文を寄せ、また日本資本主義論争においては土屋喬雄と論争を繰り広げた。服部は、「維新史方法上の諸問題」(『歴史科学』1933年4-7月号)において、明治維新時の経済は、『資本論』によるところの「厳密なる意味におけるマニュファクチュア時代」(本来的マニュファクチュア時代)であるとした(「幕末=厳マニュ説」)。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
空罎黒船前後・志士と経済他十六篇1981(昭和56)年7月16日
加波山黒船前後・志士と経済他十六篇1981(昭和56)年7月16日
咸臨丸その他黒船前後・志士と経済他十六篇1981(昭和56)年7月16日
汽船が太平洋を横断するまで黒船前後・志士と経済他十六篇1981(昭和56)年7月16日
黒田清隆の方針黒船前後・志士と経済他十六篇1981(昭和56)年7月16日
黒船前後黒船前後・志士と経済他十六篇1981(昭和56)年7月16日
黒船来航黒船前後・志士と経済他十六篇1981(昭和56)年7月16日
志士と経済黒船前後・志士と経済他十六篇1981(昭和56)年7月16日
新撰組黒船前後・志士と経済他十六篇1981(昭和56)年7月16日
せいばい黒船前後・志士と経済他十六篇1981(昭和56)年7月16日
尊攘戦略史黒船前後・志士と経済他十六篇1981(昭和56)年7月16日
撥陵遠征隊黒船前後・志士と経済他十六篇1981(昭和56)年7月16日
福沢諭吉黒船前後・志士と経済他十六篇1981(昭和56)年7月16日
武鑑譜黒船前後・志士と経済他十六篇1981(昭和56)年7月16日
望郷(――北海道初行脚――)黒船前後・志士と経済他十六篇1981(昭和56)年7月16日
明治の五十銭銀貨黒船前後・志士と経済他十六篇1981(昭和56)年7月16日
蓮月焼黒船前後・志士と経済他十六篇1981(昭和56)年7月16日
Moods cashey黒船前後・志士と経済他十六篇1981(昭和56)年7月16日