『林不忘』の作品一覧

『長谷川海太郎』より : 長谷川 海太郎(はせがわ かいたろう、1900年1月17日 - 1935年6月29日)は、日本の小説家、翻訳家。林不忘(はやし ふぼう)、牧逸馬(まき いつま)、谷譲次(たに じょうじ)の3つのペンネームを使い分けて活躍した。林不忘は時代小説「丹下左膳」シリーズ、牧逸馬は犯罪実録小説、谷譲次は米国体験記「めりけんじゃっぷ」物で知られる。 生涯 生い立ち 後にジャーナリストとして活躍する長谷川清(のちに改名した長谷川淑夫の名前で知られる。楽天、あるいは世民とも号した)の長男として新潟県佐渡郡赤泊村(現:佐渡市赤泊)に生まれる。なお同家次男の潾二郎(りんじろう)は画家(地味井平造の変名で推理小説をも書いた)、三男の濬はロシア文学者、四男の四郎は作家となった。1歳のとき、函館新聞の主筆となった父に従って一家で函館に移住、同地の北海道庁立函館中学校(現函館中部高校)に入学する。当時の函館は国際色豊かな港町であり、海外への憧れを抱き成長したという。父は子供の頃から海太郎に英語を教え、また徳富蘆花「順礼紀行」を愛読した。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
丹下左膳(03 日光の巻)林不忘傑作選5 丹下左膳(五) 日光の巻1992(平成4)年9月20日発行
煩悩秘文書一人三人全集Ⅰ時代捕物釘抜藤吉捕物覚書1970(昭和45)年1月15日
平馬と鶯一人三人全集Ⅰ時代捕物釘抜藤吉捕物覚書1970(昭和45)年1月15日
若き日の成吉思汗(――市川猿之助氏のために――)一人三人全集Ⅰ時代捕物釘抜藤吉捕物覚書1970(昭和45)年1月15日
稲生播磨守一人三人全集Ⅰ時代捕物釘抜藤吉捕物覚書1970(昭和45)年1月15日
元禄十三年一人三人全集Ⅱ時代小説丹下左膳1970(昭和45)年4月15日
寛永相合傘一人三人全集Ⅱ時代小説丹下左膳1970(昭和45)年4月15日
口笛を吹く武士一人三人全集Ⅱ時代小説丹下左膳1970(昭和45)年4月15日
あの顔一人三人全集Ⅱ時代小説丹下左膳1970(昭和45)年4月15日
仇討たれ戯作一人三人全集Ⅱ時代小説丹下左膳1970(昭和45)年4月15日
丹下左膳(01 乾雲坤竜の巻)林不忘傑作選1 丹下左膳(一) 乾雲坤竜の巻1992(平成4)年7月20日
丹下左膳(02 こけ猿の巻)林不忘傑作選3 丹下左膳(三) こけ猿の巻1992(平成4)年8月20日
魔像(新版大岡政談)カラー版国民の文学 10 林不忘1968(昭和43)年1月25日
巷説享保図絵巷説享保図絵・つづれ烏羽玉1970(昭和45)年7月10日
つづれ烏羽玉巷説享保図絵・つづれ烏羽玉1970(昭和45)年7月10日
釘抜藤吉捕物覚書(01 のの字の刀痕)一人三人全集Ⅰ時代捕物釘抜藤吉捕物覚書1970(昭和45)年1月15日
早耳三次捕物聞書(04 海へ帰る女)一人三人全集Ⅰ時代捕物釘抜藤吉捕物覚書1970(昭和45)年1月15日
早耳三次捕物聞書(03 浮世芝居女看板)一人三人全集Ⅰ時代捕物釘抜藤吉捕物覚書1970(昭和45)年1月15日
早耳三次捕物聞書(02 うし紅珊瑚)一人三人全集Ⅰ時代捕物釘抜藤吉捕物覚書1970(昭和45)年1月15日
早耳三次捕物聞書(01 霙橋辻斬夜話)一人三人全集Ⅰ時代捕物釘抜藤吉捕物覚書1970(昭和45)年1月15日
釘抜藤吉捕物覚書(13 宙に浮く屍骸)一人三人全集Ⅰ時代捕物釘抜藤吉捕物覚書1970(昭和45)年1月15日
釘抜藤吉捕物覚書(12 悲願百両)一人三人全集Ⅰ時代捕物釘抜藤吉捕物覚書1970(昭和45)年1月15日
釘抜藤吉捕物覚書(11 影人形)一人三人全集Ⅰ時代捕物釘抜藤吉捕物覚書1970(昭和45)年1月15日
釘抜藤吉捕物覚書(10 宇治の茶箱)一人三人全集Ⅰ時代捕物釘抜藤吉捕物覚書1970(昭和45)年1月15日
釘抜藤吉捕物覚書(09 怨霊首人形)一人三人全集Ⅰ時代捕物釘抜藤吉捕物覚書1970(昭和45)年1月15日
釘抜藤吉捕物覚書(08 無明の夜)一人三人全集Ⅰ時代捕物釘抜藤吉捕物覚書1970(昭和45)年1月15日
釘抜藤吉捕物覚書(07 怪談抜地獄)一人三人全集Ⅰ時代捕物釘抜藤吉捕物覚書1970(昭和45)年1月15日
釘抜藤吉捕物覚書(06 巷説蒲鉾供養)一人三人全集Ⅰ時代捕物釘抜藤吉捕物覚書1970(昭和45)年1月15日
釘抜藤吉捕物覚書(05 お茶漬音頭)一人三人全集Ⅰ時代捕物釘抜藤吉捕物覚書1970(昭和45)年1月15日
釘抜藤吉捕物覚書(04 槍祭夏の夜話)一人三人全集Ⅰ時代捕物釘抜藤吉捕物覚書1970(昭和45)年1月15日
釘抜藤吉捕物覚書(03 三つの足跡)一人三人全集Ⅰ時代捕物釘抜藤吉捕物覚書1970(昭和45)年1月15日
釘抜藤吉捕物覚書(02 梅雨に咲く花)一人三人全集Ⅰ時代捕物釘抜藤吉捕物覚書1970(昭和45)年1月15日