『北条民雄』の作品一覧

北条 民雄(ほうじょう たみお、旧字体:北條 民雄、1914年9月22日 - 1937年12月5日)は小説家。ハンセン病となり隔離生活を余儀なくされながら、自身の体験に基づく名作『いのちの初夜』などを遺した。本名:七條 晃司(しちじょう てるじ)。 生涯 日本統治時代の朝鮮の首都京城(現・ソウル)に生まれ、徳島県阿南市下大野町に育つ。 1933年に発病。翌1934年、東京府北多摩郡東村山村の全生園に収容される。早くから文学に関心を持ったが、入院後本格的に創作を開始した。『間木老人』により川端康成に注目され、彼を師と仰いだ。 1936年、『いのちの初夜』により第2回文學界賞を受賞。その他に『癩家族』『癩院受胎』などの作品を遺したが、結核のため夭折した。 2014年、ハンセン病に対する偏見、差別により本名は公表されていなかったが、出身地の阿南市が親族に20年間に亘り本名を公開するように説得、6月親族の了承を得て、没後77年経ってようやく本名が公開された。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
眼帯記いのちの初夜1959(昭和34)年9月15日、1979(昭和54)年7月30日改版18版
いのちの初夜いのちの初夜1955(昭和30)年9月15日、1979(昭和54)年7月30日改版18版
外に出た友日本の名随筆28 病1985(昭和60)年2月25日
可愛いポール定本北條民雄全集 上1996(平成8)年9月20日初版
すみれ定本北條民雄全集 上1996(平成8)年9月20日初版
赤い斑紋定本 北條民雄全集 下巻1980(昭和55)年12月20日
井の中の正月の感想定本 北條民雄全集 下巻1980(昭和55)年12月20日
覚え書定本 北條民雄全集 下巻1980(昭和55)年12月20日
書けない原稿定本 北條民雄全集 下巻1980(昭和55)年12月20日
孤独のことなど定本 北條民雄全集 下巻1980(昭和55)年12月20日
頃日雑記定本 北條民雄全集 下巻1980(昭和55)年12月20日
精神のへど(――手帳より――)定本 北條民雄全集 下巻1980(昭和55)年12月20日
続癩院記録定本 北條民雄全集 下巻1980(昭和55)年12月20日
断想定本 北條民雄全集 下巻1980(昭和55)年12月20日
独語(――癩文学といふこと――)定本 北條民雄全集 下巻1980(昭和55)年12月20日
年頭雑感定本 北條民雄全集 下巻1980(昭和55)年12月20日
発病定本 北條民雄全集 下巻1980(昭和55)年12月20日
発病した頃定本 北條民雄全集 下巻1980(昭和55)年12月20日
柊の垣のうちから定本 北條民雄全集 下巻1980(昭和55)年12月20日
牧場の音楽師定本 北條民雄全集 下巻1980(昭和55)年12月20日
癩院記録定本 北條民雄全集 下巻1980(昭和55)年12月20日
烙印をおされて定本 北條民雄全集 下巻1980(昭和55)年12月20日
一九三六年回顧定本 北條民雄全集 下巻1980(昭和55)年12月20日