あらすじ
貧しい男は、戦争に行って立派な兵士になり、勲章をたくさんもらいたいと思っていました。彼は、お金がないため、西へ向かう長い道のりを徒歩で旅します。道中、戦場から聞こえる大砲の音に胸を躍らせながら、村々を巡ります。しかし、彼がたどり着いた村は、戦火で荒れ果て、人々は疲れ果て、生きる希望を失っていました。男は、自分自身の夢を諦め、村人たちの力となり、荒れた土地を再び耕し、豊かな暮らしを取り戻すために奔走します。
 マヅシイ ヲトコノ ヒトガ アリマシタ。マダ ワカイノニ オトウサンモ オカアサンモ キヨウダイモ ナク、ホントウニ ヒトリボツチデ アリマシタ。
 コノ ヲトコノ ヒトハ、ナニカ ヒトノ ビツクリスルヤウナ コトヲ シテ エラク ナリタイト カンガヘテ ヲリマシタ。
 スルト チヨウド ソノ コロ、ニシノ ハウデ センサウガ オコツテ ヲリマシタ。
 ソレヲ キイタ コノ マヅシイ ヲトコノ ヒトハ、
「ヨシ、ソレデハ ジブンモ センサウノ アル トコロヘ イツテ、リツパナ テガラヲ タテ タイシヨウニ ナラウ」
ト ヒトリゴトヲ イヒマシタ。
 ソコデ コノ ヒトハ ニシノ ハウニ ムケテ シユツパツイタシマシタ。ナニシロ オカネガ アリマセンノデ、キシヤヤ ジドウシヤニ ノル コトハ デキマセン。ムラカラ ムラヘ コジキヲ シナガラ、ニホンノ アシデ テクテク アルイテ イツタノデ アリマシタ。
「センサウハ ドチラデスカ、センサウハ」
ト イク サキサキデ タヅネナガラ コノ ヒトハ ヒトツキモ フタツキモ タビヲ シマシタ。
 スルト ダンダン センサウノ アル トコロニ チカヅイテ キタラシク、トキドキ トホクノ ハウカラ カスカニ タイハウノ トドロキガ キコエテ キマシタ。
「オオ タイハウノ オトガ キコエル。ナント イフ イサマシイ オトダラウ」
 ヲトコノ ヒトハ ムネヲ オドラセナガラ アシヲ ハヤメテ イキマシタ。
 ソシテ ヨルニ ナツテカラ ネシヅマツタ ヒトツノ ムラニ ツキマシタ。タイヘン シヅカナ ムラデ イヌノ ナキゴヱモ キコエズ、イエイエノ マドハ ミナ カタク トザサレ、ガイトウニハ ヒガ トモツテ ヰマセンデシタ。ヲトコハ オハナバタケノ ソバノ アル クサヤネノ コヤニ ハイツテ グツスリ ネムリマシタ。
 ジブンガ リツパナ タイシヨウニ ナツテ、ムネニ ヅラリト クンシヨウヲ ナラベ、ピカピカ ヒカル ケンヲ モツテ、ウマノ ウヘニ ソリカヘツテ ヰル ユメヲ ミテ ヰルト、ヤガテ ヨガ アケテ アサニ ナリマシタ。
 ヲトコガ メヲ サマシテ ミルト、コレハ マタ ドウシタ コトデセウ、メノ マエノ オハナバタケガ ムチヤクチヤニ フミニヂラレテ アリマス。
「ハテ、コンナ ウツクシイ ハナバタヲ ダレガ アラシタノダラウ」
ト ヲトコガ タホサレタ イツポンノ ケシノ ハナヲ オコシテ ヤラウト スルト、ソノ ネモトニ シンチユウノ ラツパガ ヒトツ オチテ ヲリマシタ。
 ヲトコハ ラツパヲ ミルト ハナヲ オコシテ ヤル コトモ ワスレテ、
「アア、コレダ。コレサヘ アレバ ジブンハ テガラヲ タテル コトガ デキル。ジブンハ ラツパシユニ ナラウ」
ト タイヘン ヨロコビマシタ。
 トコロデ、ソノ ムラハ アサニ ナツテモ ダレモ オモテニ デテ クル モノハ ナク、マドサヘ アケナイノデ アリマシタ。ケレド ヲトコハ ウチヨウテンニ ナツテ ヰマシタノデ ソンナ コトハ キニモ カケナイデ、イサマシク ラツパヲ フキナラシナガラ マタ アルイテ イキマシタ。
 ヲトコハ、チヨウド オナカガ スイテ キタ コロ マタ ヒトツノ ムラニ ハイリマシタ。
 ソノ ムラニモ ヒトハ アマリ ヰマセンデシタガ、マダ スコシハ ノコツテ ヲリマシタ。
 ソコデ ヲトコハ アル イヘノ マドシタニ タツテ、
「オナカガ スイテ シヨウガ アリマセン。ナニカ タベサセテ クダサイ」
ト タノミマシタ。
 イヘノ ナカニハ フタリノ トシヨリガ ヰテ チヨウド ヒトツノ パンヲ フタツニ キラウト シテ ヰル トコロデシタガ、ハラノ スイタ ヲトコヲ キノドクニ オモツテ パンヲ ミツツニ キリ、ソノ ヒトキレヲ ヲトコニ メグンデ ヤリマシタ。
「アナタハ コレカラ ドチラヘ イクノデスカ」
ト シンセツナ トシヨリハ ワカイ ヲトコニ タヅネマシタ。
「コレカラ センサウニ イクノデス。ワタシハ ラツパシユニ ナツテ リツパニ ハタラキマス」
ト ワカイ ヲトコハ コタヘテ、トシヨリタチノ マエデ イサマシイ ラツパヲ フイテ キカセマシタ。
「トテ トテ トテ ト
 ミナ ミナ アツマレ
 ケンヲ モテ、

 トテ トテ トテ ト
 テツパウ カツゲ
 ハタヲ モテ、

 トテ トテ トテ ト
 ソレ ソレ イソゲ
 センサウヘ、

 トテ トテ トテ ト
 トテ トテ トテ ト」
ト ヲトコ ハ フキマシタ。
 キイテ ヰタ トシヨリハ フカイ タメイキヲ ツイテ、
「センサウハ モウ タクサンデス。センサウノ タメニ ワタクシタチハ ハタケヲ アラサレ、タベル モノハ ナクナツテ シマヒマシタ。ワタシタチハ コレカラ ドウ シタラ ヨイデセウ」
ト イヒマシタ。
 ヲトコハ トシヨリト ワカレテ ナホモ アルイテ イキマスト、ナルホド アノ トシヨリガ イツタトホリ、ハタケハ タイハウノ ワヤ ウマノ アシデ スツカリ アラサレテ アリマシタ。
 ドノ ムラニモ アマリ ヒトハ ヰナイデ、ノコツテ ヰル ヒトビトハ ミナ アヲイ ヤツレタ カホヲ シテ ヲリマシタ。
 ヲトコハ コノ ヒトビトガ キノドクニ ナリマシタ。ソコデ、モウ センサウニ イクノハ ヤメニ シマシタ。
「ソウダ、コノ キノドクナ ヒトビトヲ タスケテ ヤラネバ ナラナイ」
 ヲトコハ アチラ コチラノ ムラニ ノコツテ ヰル ヒトビトヲ ヒトトコロニ アツメマシタ。
「ミナサン、ゲンキヲ ダシナサイ。ゲンキヲ ダシテ、フミアラサレタ ハタケヲ タガヤシ、ムギノ タネヲ マキマシヨウ」
ト ヲトコハ ヒトビトニ イヒマシタ。
 ヒトビトハ ゲンキヲ ダシテ ハタケデ ハタラキハジメマシタ。
 アサ イチバン ハヤク オキルノハ アノ ヲトコデ アリマシタ。マダ ヒノ デナイ ウチカラ ヲトコハ ハタケノ マンナカノ ヲカノ ウヘニ ノボツテ、ラツパヲ フクノデ アリマシタ。
「トテ トテ トテ ト
 ミナ ミナ オキロ
 モウ アサダ、

 トテ トテ トテ ト
 クワヲバ モツテ
 ハタニ デロ、

 トテ トテ トテ ト
 タネヲバ マケヨ
 ムギノ タネ

 トテ トテ トテ ト
 トテ トテ トテ ト」
ト ヲトコハ フイタノデ アリマス。
 スルト ヒトビトハ ウマヤ ウシト イツシヨニ ハタケニ デテ キテ セツセト ハタラキマシタ。
 ヤガテ マイタ タネカラ メガ デテ ノハラ イチメンニ ムギノ ミノル トキガ ヤツテ キタノデ アリマス。

底本:「校定 新美南吉全集第四巻」大日本図書
   1980(昭和55)年9月30日初版第1刷発行
初出:「きつねの おつかい」福地書店
   1948(昭和23)年12月5日
入力:土屋隆
校正:noriko saito
2010年4月19日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。